合計5回も自動車教習所に通いました

5回の教習所通いを思い出してみよう

私は自動車教習所に5回ほど通った経験があります。

教習所の通った5回の内訳

普通自動車第1種免許のため、大型自動車第1種免許取得のため、大型自動車2種免許取得のため、けん引免許取得のためと数えてみると4回。

なぜ5回かというと、1回目の教習所(普通自動車免許)で、サボりぐせから期間内に終わらずに再入校となってしまったのです。

教習所が楽しくなかったことも行かなかった理由です。

ご多分に漏れず、教官の偉そうな態度、教えたいのだかわからない態度、面倒くさそうな態度、これらが私の心を萎えさせました。

でも、中にはいました。楽しい先生が。
というより、受かるテクニックだけ教えてくれて、あとは歓談しながら時間を消化する先生や、親切に教えてくれる先生などに当たった時には、本当にその日一日が充実した日になったという記憶があります。

合宿免許なら短期で一挙に免許取得ができる

私のようにサボりぐせのある方には、半ば強制的に受講させられる、合宿免許というものもありますが、私自身は受けたことがありません。

不良たちにいじめられるといった良いうわさもあれば、異性との交友が持ちやすいという噂もあり、どうしようか迷うこともありましたが、不良が怖いのでやめました。

合宿で免許を短期取得

実際に合宿で免許を取得した友人に聞くと、不良がいるようなこともなく、かといって特別異性と交友がとれることもなく、。でも、短期取得ができて、筆記も運転も覚えている内に試験に挑めるので、よかったということでした。

なんにしても教習所でしっかり基本を覚えて、それを忘れずに安全運転で事故を起こさないようにしてきたいです。

筆記試験は友人や家族と一緒に覚えよう

教習所で敬遠されるものといえば筆記試験ですが、これはもう友達や家族に問題を出したもらって、繰り返し暗記していくしかないと思います。

人が出してくれた問題というものは意外と覚えているものです。

今ならパソコンで一問一答形式のサイトを見つけてそれを繰り返し行うことも良い勉強方法かなと思います。

学校の歴史の授業のように年号をゴロ合わせて覚える人もいましたが、私としては、自分自身で語呂合わせを作ってそれをひたすら覚えた経験もあります。