交通ルールの理由がしっかりとわかり、学科が楽しかった

交通ルールに納得の学科教習

原付免許だけ取って10年ほど乗っていましたが、やっと自動車免許を取る時間ができて教習所に行きました。

本当は合宿型のほうが短い時間で免許が取れて費用も安いので、そちらの方がよかったのですが、「近所に教習所があること」「長く家を空けることができないこと」を理由として、合宿型はあきらめました。

さすが教官はプロなんだと感じました

教習所に通ってみての感想ですが、先生達はさすが運転のプロというか、事故を起こさない運転の秘訣、事故を起こしやすい状況など良くご存知でした。

それから、学科の勉強が楽しかったです。
ビデオを45分ほど見て、あとは先生が説明してくださるのですが、一時停止、徐行、速度制限などの交通法規は良く考えられている、ということを実感しました。

今まで義務的に行っていた一時停止もなぜあの線の場所で止まらなければいけないのかが良く分かったので、今でもまじめに、停止線と見通せる場所と2回止まっています。

技能試験は緊張の連続でした

筆記試験はだいたい出る問題が決まっていて、言い回しを変えるだけで実際は同じようなことを聞いてくるので、何回もやって自己採点で100点が取れるくらいまでやれば大丈夫です。

学科はバッチリ!技能は緊張、

技能試験の方は緊張しました。
コースを一通り先生が運転してくださり、その後に同じコースを自分で運転するのですが、最初はハンドルの回し具合が良く分からなかったのです。

結局、技能では3回補講を受け21,000円を余分に払うことになりました。

早く免許を取りたい気持ちはありましたが、技能は緊張してしまうので私は1日1コマしか取りませんでした。
若い男性など運動神経に自信のある方なら、時間的にも費用的にも、やはり合宿型で一気に取るのがお勧めなんじゃないかと思います。